映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【スペース・チンプス(仮)】 Space Chimps

こんにちは。

ケアンズでのまったり時間に、映画を観てきました。

映画館に行くと、公開中の作品はそうそうたるものばかり。
話題の3D作品『センター・オブ・ジ・アース』
話題のPIXER作品『WALL・E/ウォーリー』
話題のスピルバーグ製作総指揮『イーグル・アイ』などなど。

しかし!
我々は!
連日のTVコマーシャルに洗脳され!
この作品を選びました!
現時点では日本公開未定! 

-----あらすじ-----------------------------------
宇宙への有人飛行が行われる前の1961年、
ハムという名のチンパンジーが宇宙飛行を体験した。
そのハムの孫であるハム3世は、毎日サーカスで
アクロバティックなショーの人気者として活躍しながら、
なんとなく満たされない感情を抱えていた。

そんなとき、NASAで開発中の無人宇宙探査機が、
ある惑星で行方不明になってしまう。
日頃から訓練を積んだ宇宙飛行士のチンパンジーたちが
探査機捜索の旅に出ることになるが、
そのメンバーとしてハム3世も大抜擢される。
仲間のチンパンジーたちと旅をする中で、
ハムは本当の勇気とは何かを知ることとなるのだった。
d0149572_1233865.jpg
-------------------------------------------------

いかにもアメリカらしい作品でして、
ハム3世くんは「国民の注目を集める、カリスマ性のあるサル」として、
サーカスからNASAへ引っ張ってこられます。

「自分はエンターテイメントの世界で生きるんだ」と
最初こそ依頼を拒んでいたものの、
周りの人の励ましを経て、ミッションへの責任も少しずつ理解し始めるという、
ちょっとイイ話っぽいでしょ?

えー、残念なことに、ご覧の通りですね、
チンプスあんまかわいくない。
ちなみに奥に座っているのがこの映画のマドンナ的存在の
ルナちゃんです。 うーん・・・・・・・・・・・・。

とはいえ、笑いのテンポがとてもよく、
前半は私もケラケラ笑って楽しませてもらいました。
敵キャラの中途半端さ(怖くない。もちろんかわいくもない)にも、
脇キャラのゆるさにも、それなりの味わいがあってよかったっす。

特筆すべきはこの、キロワットちゃん
d0149572_12221348.jpg
超音波声でしゃべるウルトラ軟弱キャラ
怖がるとアタマが光ってしまうので、全く敵の目をごまかせないw
しかし、驚くべき勇気を終盤見せてくれるんですよ~。

残念なことに、ちょっとストーリーが読めてしまうのと、
途中、間延びしてるとこがあり、
わたくし、居眠りをこいてしまいました。
エンドロールまでしっかり終わり、眠気もようやくおさまったので、
さて帰るかとおっきな伸びをしてオットのほうを振り返ると…。

な・・・・

ないてる ∑(゜ロ゜ノ)ノ

ご丁寧に、への字口、目を真っ赤にして泣いてる!!!

さらにホテルまでの道中、彼は、
いかに素晴らしい映画であったか、
この映画を選んだことがどれだけ幸運であったか、
さらになぜ、こんな感動的な映画で私が寝れるのかを
それは熱く語り、また瞳を潤ませるのでした。

オットの感受性の豊かさに笑いが止まらない夜でした072.gif
トレーラー観てみてねw


[PR]
by ParrotfishY | 2008-10-13 12:50 | Movie-SF/Fantasy