映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【もしも昨日が選べたら】 Click

こんばんは。

yu~さんが以前、「なかなか感慨深い映画だったよ~」と
賞賛していたので、ずっと観たかった作品です。
ようやく観られました071.gif

-----あらすじ-----------------------------------
He's always chasing the pot of gold, but when he gets there,
at the end of the day, it's just corn flakes.
彼はずっと、金のつぼを追い求めていた。でも、ようやく見つけたとき、
結局それは、ただのコーンフレークだったことに気づくんだ。


仕事人間のマイケル(Adam Sandler)は、
子どもたちとキャンプの約束をしていた休暇まで返上し、
仕事をすることになってしまう。
出世が幸せの近道と考えているマイケルは、ある夜、
家の中のリモコン操作にもわずらわしさを覚え、
家電をオール・イン・ワンで操作できるリモコンを買いに、
車を走らせるが、空いているのは寝室とバス用品の店だけ。
仕方なく入店し、リモコン売り場がないか探していると、
不思議な扉を発見、中で待っていたのは、
怪しげな従業員モーティ(Christpher Walken)だった。

d0149572_2112051.jpg
彼はマイケルに「いい男には、休憩が必要だからね」と言い、
びっくりするほど広い倉庫から不思議なリモコンをひとつ差し出す。
しかしそれは、家電のみならず、あらゆるものを操作できる
マイケルの『人生のリモコン』だった・・・。
-------------------------------------------------

いやぁ~、Adam Sandlerさんの映画はほんとにハズレがない!
今回もオープニングから80年代ポップスがかかって、
そりゃもうわくわくしましたよ。
映画のつかみとしては100点満点ではなかろうかね。

モーティがくれたリモコン、とてもユニークでした。
操作したい対象に向けてボタンを押すだけで、
奥さんのわずらわしい小言や、シャワーや、渋滞など、
何でもかんでも早送りすることができます。
そのうち、Hの時間までもすっとばすようになるのには
どん引きでしたがww、
このリモコンが、マイケルの操作傾向を記憶し、
同じような場面になると自動的に機能が働き、
最終的にはのっぴきならないことになってしまうのですね。

マイケルはいいお父さんだと思います。
すごく子供たちと奥さんを愛してるし。
日本人にもこういうお父さんはたっくさんいそうです。
冷徹な仕事人間というよりは、いま辛いことを自分が我慢すれば、
家族も自分も幸せになれる!とムリヤリ信じてる感じ。

でも、リモコンのせいで、自分がかけがえのないものを
どんどんすっとばしてることに気づきます。
初めこそリモコンやモーティのせいにして怒りますが、
「これはあんたが選んだ人生だ」と言われ、愕然となります。

油断してヘラヘラ観ていた私でしたが、
終盤はかなり、ハトが豆鉄砲顔&への字口&ウルウルでした。

時に、我々は日常のこまごましたことにかまけて、
近い将来待っているであろう、そして避けられるであろう不幸を、
見て見ぬふりしてしまうことがあります。
また、もっと大局を見ればいいのに、それが億劫で、
かえって幸せを先送りしているなんてこともあるです。
そういうことを、ほんっとにガツンと分からせてくれる、
とっても良い映画でした。

あとね、DVDにはメイキングも収録されていまして、
アート班がどんだけこだわりを持って、いろいろ創ったか、
なんてのが分かってから観るとまたさらに楽しい、
何度でも美味しい作品でござーます053.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2008-11-17 21:20 | Movie-Comedy