映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

【7つの贈り物】 Seven Pounds

こんばんは。

いつも空いている地元の映画館が、えらく混んでいて、
アカデミー賞の影響かなぁ?と思ってたら、
今日は3月1日ではないですか。
1000円デーでしたのね。

-----あらすじ-----------------------------------
In seven days, God created the world.
And in seven seconds, I shattered mine.
7日間で、神はこの世界を創った。
そして僕は7秒で、自分の世界を粉々に壊した。


国税局の税金徴収人、ベン(Will Smith)。
盲目のテレフォンオペレーター(Woody Harrelson)に
無茶なクレームを入れたかと思えば、
重い心臓病を患い、納税が遅れている女性、
エミリー(Rosario Dawson)に、
数か月の返済猶予をあっさりと与える。
また、児童相談所で働く知人の中年女性から、
いとも簡単に情報を引き出し、
恋人の暴力に悩む2児の母を助けようとする。
d0149572_2144286.jpg
突然現れて救いの手を差し伸べる彼に、
誰もが疑問を抱くが、
ベンはとてつもない計画を進めていたのだった。
------------------------------------------------

親切すぎる予告編と、説明しすぎちゃってる邦題で、
なんとなく物語を予想はしていたのですが、
どうしようもないほど感情を揺さぶられました。

久しぶりに映画館で号泣ですよ。

~~~~~ちょっとネタばれします~~~~~~~~

原題のSeven Poundsは、つまり重さで言ったら
3キロちょっとです。
重さについてはいろいろ解釈ができるのですが、
このPoundを辞書で調べたところ、
ちょっと唖然とする意味を見つけてしまいました。

【名詞】
(心臓が)ドキドキする音
  -英辞郎より

……つまり、7回の鼓動……。
あぁぁぁぁああぁぁあぁぁああああぁ007.gif

ベンの置かれている状況があまりに痛ましく、
「自分だったら…」という観方では軽いことしか
言えないような気がします。
でも、誰もが本当に簡単に犯しうる間違いであり、
もしもそうなったら、
何らかの償いは絶対にしなくてはなりません。

だからって、その償いを捧げる対象者を
あんな風に選別すべきなのか、
そもそも償いの矛先は正しいものなのか、
それこそ神様にもわからないかもしれないけれど、
少なくともベン自身は納得し、
最善のことと信じていたのでしょう。
そして事実、救われた人々がいたのだから、
彼の行動にはとても意義があったと信じたいです。

そして、ある意味では常識はずれなことを
続けていく中で、ベンはエミリーと出会い、
自然と惹かれあい、
ちゃんと「愛してる」と伝えることができた。
とてもとてもよかったと思いました。

~~~~~~~~ネタばれ終わり~~~~~~~~

『幸せのちから』の監督さんと、Will Smithさんの
再共演ということでしたが、
個人的にはこちらの演技の方が、
アカデミー賞ノミネートにふさわしかったんじゃ
ないかとさえ思ってしまいました。

『RENT』『EAGLE EYE』のRosario Dawsonさんも、
とっても繊細でステキでしたね。
すごく愛情深いまなざしのできる女優さんです。
うちのオットは"ロナウジーニョ"と呼びますが、
あの美しさがわからんようでは、
男として大成しませんな057.gif

ともあれ、いい映画でございました040.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2009-03-01 21:07 | Movie-Drama