映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

【番外編】 MJ

こんばんは。

おかげさまで18日に35歳になりまして、
何とも贅沢をさせてもらったので、
そのことを書こうかなぁ…
と思っていた矢先、ショッキングなニュースが飛び込んできました。

Michael Jackson is dead.

ちょうど『めざましテレビ』の6時過ぎの速報で、
心肺停止状態で病院へ運ばれたと知りましたが、
あらあら、またムリしちゃったのかな?
ゆっくり休めばいいのに、なんて軽く考えていました。

でも、事態は緊迫差を増すばかり。
「死亡説も?」なんて言われても、
いやいや、そんなわけないじゃん、と、
相当に信じておりませんでした。

その日の夕方、
白い布に包まれた亡骸が
ヘリで搬送される映像や、
病院での会見を目にし、
ようやく現実がのみ込めてきた次第です。



幼い頃、音楽とはどういうものなのか、
まだ分からない頃から、
マイケルのことが大好きでした。

深夜番組で放映していた
"Thriller"のミュージックビデオ。
布団を頭までかぶって、ビクビクしながら観ました。

"We Are The World"のVHSを
なけなしのお小遣いで買い、
すりきれそうになるまで何度も観ました。
マイケルの歌う順番どころか、
他のアーティストが出てくる順番まで覚えてしまった。

中学生の時、劇場公開された"Moonwalker"
友達が引くくらいの興奮ぶりで、
授業のノートにもマイケルのイラストをたくさん描きました。
あの映画のマイケルは本当にステキだった。

そして、ついに、
コンサートで生のマイケルを観たとき。

彼のステップ、全ての動きが音楽でした。
その体から音が溢れているとしか思えなかった。

ロンドン公演が実現したら、
私のように感動する子供たちが、
きっとまた、たくさんいたことでしょう。

世界中を包んでいるこの悲しみは、
時を経て、ますます大きくなっていくと思います。
あんな風にいなくなってはいけない人だった。
もっともっと愛されるべき人だった。

絶対に忘れません。

天国でフレッド・アステアと踊ってね。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by ParrotfishY | 2009-06-26 23:23 | Diary