映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Movie-SF/Fantasy( 14 )

【ピノキオ】 Pinocchio

こんばんみ。

久々の社会復帰のための研修もようやく昨日で終了。
自宅学習も含め4週間、かなりおナカの痛い日々でしたが、
同期の17人ともほんとに仲良くなれたし、
週明け、また研修場所に行ってしまいそうです。

研修最後には、研修の先生も生徒も大拍手。
みんなでハグしあって再会を約束しましたです。

今回のお仕事はお子さん相手なもんで、
研修中、ちょっと癒されようかと、
久しぶりにファンタジーの王道なんて観てみました。

d0149572_0114334.gif

あらすじは必要ないですよね。

小学生のとき、うちにこの原作の訳本がございましてね、
実はけっこうシュールなお話なんですよね。

ゼペット爺さんは実は極貧で、金に困ってピノキオを作ったとか、
ピノは悪友に騙されて一回死んでるとか、
海に出て呑まれちゃったのはクジラじゃなくサメで、
(おいらの持っていた本では『ふか』って書いてあった)
爺さんは何ヶ月もお腹の中で耐えていた、とか、
助けてくれたのは、まぐろだったとか。

でも最後は、本当の人間の男の子になれてよかったね。

このお話って、何気に人生の真髄をついてると思いませんか。
ピノキオみたいに、短絡的な判断をして、
道を踏み外せばそれなりのしっぺ返しが絶対に待ってる。
それでも、ゼペット爺さんみたいに、背を向けない愛情も絶対にある。
希望は失っちゃいかん。

お子様向けムービー、なにかお薦めあったら教えてください035.gif
[PR]
by parrotfishY | 2008-04-19 21:55 | Movie-SF/Fantasy
こんばんは。

人生初の北海道スノボに行ってきましたよ。
…ついでに、人生初の
飛行機乗り遅れを体験しました。
リアルに『orz ←下手こいたポーズ』をしましたよ。

いかにパウダースノーが名物のニセコでも、
この時期はやはりかき氷状態でしたね。
おまけにもう、山肌が見えちゃっていたので、
私は草に板を取られ、えらいコケ方をして頭を打ちました。
いつになったらうまくなるのよ……021.gif
d0149572_2433079.jpg
でも、壮大な羊蹄山の眺めや、
日本人よりも外国人が多いという、
独特の雰囲気はかなりおもしろかったです。

さて、またしても邦題のすばらしいこの映画。
主演のウィル・フェレルさんを初めて観たのは、
NY郊外の映画館でした。
d0149572_2301570.jpg
左がウィルさんね。
えらく脱力系のコメディだった記憶がございます。
1998年の私よ、
このポスターの映画を、なぜ観ようと思ったのか。
まったくもって謎です。

さておき、とっても人気のあるコメディアンでして、
あのむっつりした風体からは想像できないほど、
表現力豊かな方でございます。

-----あらすじ-----------------------------------
The cookies were good. Thank you for forcing me to eat them.
クッキー、とてもおいしかった。無理やり食べさせてくれてありがとう。


毎朝同じ時間に目覚め、同じ回数だけ歯を磨き、
同じ歩数でバス停まで歩き、毎晩同じ時間に眠る
会計検査官のハロルド(ウィル・フェレル)。
d0149572_2291564.jpg
そんな几帳面すぎる毎日が続くある日、
彼の行動を正確に描写する女性の声が聞こえてくる。
疲れのせいと無理やり思おうとするハロルドだが、
まるで死を宣告するようなその声に、
彼は何とか対策を練ろうと四苦八苦する。
------------------------------------------------

「プロデューサーズ」で、ウィルさんの演技力は
すごいな!とは思っていたものの、
正直、こんなに感動できる内容とは思っていませんでした。

とても繊細で、なかなか言葉では言い表せない良さを
いっぱい持った作品ですので、
個人的見どころだけ挙げさせていただきます。

* ベーカリーを営むアナちゃんが超超かわいい。
* ウィルさんの弾き語りが超超かわいい。
* 彼の腕時計ほしい。
* 誰もが自分の中に眠っているであろう、
 とても善人な部分に、みんなが気づけたら、
 もっとこの世界はよくなるだろうな、と思いました。


よりよく生きるきっかけって、
実は耳を澄ませば、すぐそこにあるのかも。
不安や不満をひとりで抱えがちな昨今、
とてもほっとする映画でした。
マーク・フォスター監督に謝謝049.gif
[PR]
by parrotfishY | 2008-03-29 01:28 | Movie-SF/Fantasy

【ジャンパー】 Jumper

こんにちは。

オットが応募した試写がめずらしく当たったので、
観てまいりましたよ。
Hayden Christensenくん主演のJumperです。
ちょうど今日、ヒルズでプレミアもあるみたいですね。

-----あらすじ-----------------------------------
15歳の時に、テレポーテーションの力に気づいた
デイヴィッド(ヘイデンくん)は、家を飛び出し、
その力を利用して銀行から金をくすねつつ、
世界中を飛びまわっていた。
ロンドンのクラブでガールハント、フィジーの海でサーフィン、
エジプトのファラオの頭上で日光浴。
しかし、彼のような「ジャンパー」たちを抹殺する組織、
「パラディン」のローランド(Samuel L. Jackson)の手が伸びる。

d0149572_14515379.jpg

持てるだけの金を持ち、かろうじて実家に逃げたデイヴィッドは、
5歳の時から想いを寄せるミリーと再会し、
彼女の夢だったローマ旅行へと誘いだす。
だがそこにもパラディンが追ってきていた。
さらに、長いことパラディンと戦ってきたもう一人のジャンパー、
グリフィン(Jamie Bell)や、
5歳の時に姿を消した実の母親(Diane Lane)まで登場し…。
------------------------------------------------

Star Warsのアナキン役もすてきだったけど、
ジャンパーの力をバンバン使って遊びまくるバカちん(失敬)っぷり、
だけど大好きな彼女を救うため、無謀な戦いに挑むあたり、
ヘイデンくんにはかなりぴったりハマってました。

ウハウハな時の色男顔と、苦痛に歪む表情が、
おねいさんたちの心を揺さぶらずにはおきません。
こりゃあ、実際もさぞモテるだろうなぁ・・・・・・ と
余計な心配をしてしまいました。わはは。

あと、「リトルダンサー」でとぉっても可愛かったジェイミーくん。

d0149572_1445638.jpg
    
いつの間にもう20歳過ぎていたのね!
行動力とユーモアたっぷりのグリフィン、とっても素晴らしかったっす。
d0149572_14523572.jpg

映画に話を戻しますと、とにかく映像効果がすごいですな!
デイヴィッドがジャンプしていろんなところに行くシーン、
パラディンとの戦闘シーンもすごい迫力でしたが、
特にすごかったのは東京でのドライブシーン。
挙句の果てに高速道路に乗り捨てw

誰もが憧れる能力を満喫していた主人公が、
思わぬピンチに見舞われながらも、
仲間を得て大事なものを守ろうとする、
王道バンザイな物語でしたが、楽しかったです。
SF好きなオットは湯気を出して楽しんでおりました。

でもすごい気になる点が多いわけ!
なんで能力が備わったのか?
パラディンはどうしてそこまでジャンパーを追うのか?
(ジャンプが地球破壊の原因になるって設定らしいが…)
グリフィンが一人で戦ってきた歴史も気になるし、
デイヴィッドとお母さんの関係ももっと知りたい!
あの人とあの人は死んじゃったんだろうか?

まだまだ詳細は描き切れていない感じです。
続編、ぜひぜひつくっていただきたいなぁ。
[PR]
by parrotfishY | 2008-02-26 15:08 | Movie-SF/Fantasy
こんばんは。

本日はアメリカン・ヒーロー像にぴったりの、
Will Smith主演【I Am Legend】ですよ。

-----あらすじ-----------------------------------

If there's anybody out there... anybody... please. You are not alone.
誰かいたら答えてくれ、きみはひとりじゃない。


d0149572_115991.jpg

2009年、ウィルスによって人類は滅亡の危機にさらされる。
たったひとりニューヨークで生き残った軍の科学者
ロバート・ネヴィル(Will Smith)は、
暗闇で生き続ける莫大な数の感染者の治療法を模索しつつ、
愛犬サムと懸命に三年の月日を重ねてきた。
ラジオで生存者へ向けたメッセージを流し続け、
時折遭遇する感染者から逃れてきたものの、
ロバートは確実に追い詰められていた。
-------------------------------------------------

Wikipediaによれば、
なんと今から54年前に出版されたフィクションの、
三度目の映画化だそうでございます。
しかも、興味深いのがその原作の内容。



(すいません、ここからねたばれです)


ウィルスに侵されるっていう設定は一緒なのですが、
バクテリアの繁殖によって、人間がバンパイア化する、
というお話らしいのですよ。

原作ではちょっと違うかたちで、
犬が出てきたり、女性が出てきたりもするそうです。
しかし、決定的に違うのが、

ロバートが映画では英雄としてLegendになるのに対し、
原作では逆にMonsterとして伝説となる、
というなんともシュールな物語のようです。
(つまりもうこの地球は、バンパイア社会になっちゃったので、
昼も出歩けて、自分たちの命を狙うロバートが、
脅威となった、ということですな)


(はい、ねたばれ終わり)


それにしても、気持ち悪くなるまでハラハラし、
生きているってスバラシイと思えた映画でした。
(終演後、ストレスでまぶたのピクピクが
止まらんかったほど)


人間のもろさ、強さ、巧妙さ、愚かさ、
それを黙って見ている自然の生命力が、
大都会ニューヨークで繰り広げられる様に、
ただただ呆然、怖いんだか感動してんだか、
もう分かりませんがうち震えてしまいました。

おいら最近、ぬくぬくと温泉に浸かりっぱなしだったけれど、
久しぶりに生きることを頑張ろうと思いましたとさ。
[PR]
by parrotfishY | 2008-02-01 22:50 | Movie-SF/Fantasy