映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:Diary( 16 )

2月映画日記&近況報告

こんばんは。

いよいよ出産間近です。

最近は、ドクターにも動け動けといわれていたので、
家事を細かいとこまでやったり、
かーさんと梅見物に出たり、
ヨガやら散歩にいそしんでいました。
姪っ子の初節句やら、久々の観劇(日舞)もあって、
ここ数カ月の鬱憤晴らし!と思っていたら、

* 動きすぎのせいで血流が最悪 
* その影響で全身がむくみ、体重急増
* 体は休めろ、でも食べるな


・・・・・・・・054.gif

この時期にオリンピックがあってよかったです。
今回は引退したけど復帰した選手とか、
大きな怪我から復帰した選手が特に目立っていて、
人間の努力が生むものの偉大さに感動させてもらいました。
高橋大輔くんと鈴木明子さんには泣かされた。

さて、最近観た映画のまとめ。

【胡同のひまわり】

1976年の北京。胡同(フートン)という下町に暮らす母子のもとに
6年ぶりに強制労働から父親が帰ってきた。母は夫の帰還を喜ぶが、
息子のシャンヤンは嫌悪感をあらわにする。
しかも父親は絶たれた画家への夢を息子に託すべく、
あらゆる娯楽を取り上げ、シャンヤンに絵を描かせ続ける。
30年にわたる親子の葛藤の物語。

予告がすごくよさそうだったので、期待しすぎました。
親子は難しいなぁ…といろいろ考えさせられますが、
どうもこの両親は、子供を愛するあまりというよりは、
支配欲からすべてを行っているとしか思えん。

挙句、父は最後に失踪だよ。なんじゃらほい。
(ネタばれごめん)
こんな親にはならぬよう気をつけよう、
という学習は出来ました。
------------------------------------------------------------

【ボルベール(帰郷)】
3年半前の火事で命を失った姉妹。姉のソレ、妹のライムンダと
娘のパウラはマドリッド在住だが、両親の墓所の手入れのため、
定期的に日帰りでやってきていた。
さらにライムンダには、村で独り暮らしをしている叔母を説得し、
マドリッドに引っ越させるという第二の目的があった。
彼女の心配をよそに叔母は頑として聞き入れず、
仕方なくマドリッドへ引き返した矢先、その叔母の訃報が
ソレのもとへ届く。
一方、ライムンダの家では、夫と娘との間に大事件が……。

前半は怒涛の展開で、
登場人物の関係もまだしっくりこないまま、
物語が進んでいってしまうんですが、
なんというか、スペインの人たちの気性や、
冷静に考えるとムチャクチャやっている彼らの姿を、
「これでいいんです!」
と思わせてしまう、映画の力に圧倒されちゃいました。
どんなにフクザツな関係であろうと、家族の絆の存在だけで
救われるってこともあるのね、ということでしょうかね。
ぺネロぺ・クルスはきれいだし。
よかったです。
------------------------------------------------------------

【スパングリッシュ(太陽の国から来たママのこと)】
アメリカ在住、英語ができないメキシコ人のフローラ(Paz Vega)は、
女手一つで娘のクリスティーナを育てている。
友人の紹介で、有名シェフのジョン(Adam Sandler)宅で
家政婦として働くようになる。
d0149572_843031.jpg
その後、娘も住み込みで暮らすことになったことで、
お互いの家庭への干渉、ジョンの妻との関係などが徐々に
フローラに頭痛の種を与えるように…。

前半は、いつものアダム・サンドラー映画らしい
コメディかな、と思って観ていたのですが、
だんだん、親子って、家族って、夫婦って…と
考えさせられる要素がいろいろ出てきました。

フローラはとても清く正しく、娘のことが一番で、
裕福なアメリカ人家庭の悪影響を受けさせまいと、
常にアンテナを立てています。
そんな中、ジョンの妻デボラ(Téa Leoni)が、
クリスティーナの聡明さを気に入り、
いろいろ与えようとするので、常に2人は衝突。

そんな2人の仲を取り持とうとしながらも、
ジョンには別の感情が芽生えてきてしまい…。

アメリカ映画には珍しく、というか、
最後までフローラは本当に清く、正しかったです。
迷いがないわけではないんだろうけど、
母として、何をすべきかは絶対に曲げない。
間違ったことは認めるけれど、恥じることはしない。
そんな強さが、まさに「太陽の国の女性」でした。
------------------------------------------------------------

今年のアカデミー賞ももうすぐですね。
なかなか春にならないお天気が続きますが、
みなさんも体調にお気をつけて。

ではまた040.gif
[PR]
by parrotfishy | 2010-02-28 21:33 | Diary

夏休み日記

こんばんは。

しがない英語講師にも、お盆休みはしっかりありました。
映画は全然観られなかったのですが、
楽しいこともありましたので、ダイジェスト版日記です。

◆ 妹に赤ちゃんが生まれました056.gif
ゴマちゃんみたいな声を出します!
超可愛いです!!  早くも叔母バカ炸裂中。

◆ 情熱大陸ライブ060.gif
今年は夢の島公園で開催。
暑かったけど、芝生の上で心地よい音楽を聴くのは最高でした!
一青窈さんと森山直太朗さんには特に癒されたなぁ~。

◆ 牡丹灯籠 in シアターコクーン057.gif
瑛太くんの初舞台と聞けば観にいかないわけには…
夏にぴったりの演目でした。
歌舞伎でも観たことあったのですが、
日本の怖い話って、何とも風情がありますね。
結局一番怖いのは人間よ、というオチもありますし。

◆ スシロー初体験049.gif
いつも生徒から『おいしいんだよ!』と聞いていて、
一度行ってみたかった、激安回転寿司屋さん。
100円なのに本当においしかったっす!

◆ 展覧会三昧063.gif
渋谷bunkamuraの『だまし絵展』と、
横浜パシフィコの『海のエジプト展』をハシゴ。
美術鑑賞は久しぶりだった上、
渋谷では大好きなマグリットやダリの絵を見られたし、
パシフィコでは深海から引き揚げられた古代エジプトの
様々な遺物が見られてよかったです。

…しかし、どっちも激混み!
後半ちょっと貧血でクラクラしました。

◆ 箱根散歩058.gif
散歩っつってもお気に入りのウナギ屋さんと、
大涌谷の卵だけが目当てだったのですが、
これまた激混みの電車やロープウェイを乗り継いで
行ってきました。
夏休み、唯一の旅行体験だったので、これはこれでよしとしよう。

◆ 落語初体験070.gif
桜木町近くの「にぎわい座」に初めて行ってきました。
友人の同級生が、
鈴々舎わか馬さんという落語家さん(二つ目)なのです。
同い年とは思えぬ貫録……。

いや~、前から聞いてみたいと思っていた落語でしたが、
やっぱりいいですね!
すごい正統派の落語だったのですが、
登場人物を見事に演じ分けていて、
いつの間にかお話の世界へ引き込まれていました。
同じ一門の漫才師、『ロケット団』も見られてラッキーでした★


さー楽しい思いをした分、お仕事を頑張らなければ。  
[PR]
by ParrotfishY | 2009-08-18 22:01 | Diary

【番外編】 35th Birthday

こんばんは。

スポンサーから、記事を上げろとクレームが入ったので、
マイケルの追悼ムードも冷めやらぬ中、
今更ですが、誕生日の話を上げさせていただきます067.gif

オットが
『ランチを予約いたしました』
と、ずいぶん前から自慢げに言ってくるため、
さぞやリサーチしたのだろうと思ってはいました。

そのお店とは、こちらでござーます。
restaurant Quintessens

白金台の駅から歩くこと10分ほど、
ここがレストランですか?
というような隠れ家的なドアを開けますと、
なんとも重厚な雰囲気の店内が!

そして10組ほどしか収容できないであろう店内には、
ごっそりと黒服のウェイターさんが待機し、
これまた重厚感を増しております。

さすがにこの日はいつものGパンこそ避けたものの、
場違い感が否めない我々。
隣の席には、いかにも「金持ちミドルエイジ」といった4人組。
着物のマダムまでおられます。

テーブルに着くとメニューを渡されました。

なんも書いてない057.gif

その日に一番おいしい食材を厳選した
「シェフのおすすめコース」のみなので、
ご了承ください、ということらしいのだす。

否が応にも高まる緊張感!
さらにオットはいつにも増して無口!
どうやら前日のレッドホットチキン(ケンタッキー)が響き、
おナカが痛くなってきた様子!

どうなる!?

とまぁ、なかなかドギマギの展開でしたが、
コースのお料理はどれもとーってもおいしかったです。

特に、3時間かけてじわじわ焼いたという、
岡山産の豚肉は、本当に美味しかったです。
付け合わせの銀杏とシイタケの素揚げが
豚のサラサラの油と調和して、いくらでも食べられそうでした。

さすが、ミシュランの三つ星レストラン。
生きてるうちに、もう一度、行きたいなぁ・・・。
今度はもっとお洒落していこうw

その後は美術館にいく予定でしたが、
緊張による疲労がたたり、
まっすぐ帰宅してしまいました。 

ちなみに、プレゼントはこちらでしたとさ。
d0149572_002452.jpg

[PR]
by ParrotfishY | 2009-07-11 00:13 | Diary

【番外編】 MJ

こんばんは。

おかげさまで18日に35歳になりまして、
何とも贅沢をさせてもらったので、
そのことを書こうかなぁ…
と思っていた矢先、ショッキングなニュースが飛び込んできました。

Michael Jackson is dead.

ちょうど『めざましテレビ』の6時過ぎの速報で、
心肺停止状態で病院へ運ばれたと知りましたが、
あらあら、またムリしちゃったのかな?
ゆっくり休めばいいのに、なんて軽く考えていました。

でも、事態は緊迫差を増すばかり。
「死亡説も?」なんて言われても、
いやいや、そんなわけないじゃん、と、
相当に信じておりませんでした。

その日の夕方、
白い布に包まれた亡骸が
ヘリで搬送される映像や、
病院での会見を目にし、
ようやく現実がのみ込めてきた次第です。



幼い頃、音楽とはどういうものなのか、
まだ分からない頃から、
マイケルのことが大好きでした。

深夜番組で放映していた
"Thriller"のミュージックビデオ。
布団を頭までかぶって、ビクビクしながら観ました。

"We Are The World"のVHSを
なけなしのお小遣いで買い、
すりきれそうになるまで何度も観ました。
マイケルの歌う順番どころか、
他のアーティストが出てくる順番まで覚えてしまった。

中学生の時、劇場公開された"Moonwalker"
友達が引くくらいの興奮ぶりで、
授業のノートにもマイケルのイラストをたくさん描きました。
あの映画のマイケルは本当にステキだった。

そして、ついに、
コンサートで生のマイケルを観たとき。

彼のステップ、全ての動きが音楽でした。
その体から音が溢れているとしか思えなかった。

ロンドン公演が実現したら、
私のように感動する子供たちが、
きっとまた、たくさんいたことでしょう。

世界中を包んでいるこの悲しみは、
時を経て、ますます大きくなっていくと思います。
あんな風にいなくなってはいけない人だった。
もっともっと愛されるべき人だった。

絶対に忘れません。

天国でフレッド・アステアと踊ってね。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by ParrotfishY | 2009-06-26 23:23 | Diary
こんにちは。

GW真っ只中ですね。
いかがお過ごしでしょうか。

『ハチミツとクローバー』みたいなタイトルですいません。
先日、初のタケノコ狩りに行ってまいりました。

最近、タケノコを丸ごと買ってきて料理することに、
ちょっとハマりつつあったのですが、
スーパーで売っているタケノコ、ゆでて皮をむくと、
脱力するほどちっちゃい……015.gif

ならば直接、掘ってしまえ!
ということで車をかっとばし、千葉・君津へ。

竹藪は足場が悪く、すたこら進む農園のおっさんに
ついていくのは一苦労でしたが、
ものの10分でこの大漁っぷりですよ。
d0149572_1239582.jpg
靴とペットボトルと比べると、大きさが分かりますでしょ!?

しかもやわらかくて身がつまってて、絶品タケノコでした。
連休いっぱいタケノコ天国です056.gif



でもってもうひとつの「ニューハーフ」の件ですが、
ミリョクテキな昼ドラを発見しました!

その名も『ママはニューハーフ』
d0149572_1228679.jpg
エリートサラリーマンからニューハーフへの転身をした主人公が、
昔の彼女に子供を押しつけられ、
あたふたしながらもママ業を頑張る物語です。
ニューハーフがホームドラマの主役!
なんと斬新!!
もー毎日録画して観ております。

オススメはショーパブのママ役の嶋大輔さんですな★
すっごいデカいママだけど、なんかリアルでよいです。
だんだんかわいく見えてきたし。

以上、徒然日記でした。
[PR]
by ParrotfishY | 2009-05-02 11:59 | Diary

【番外編】 観たい映画

備忘録がわりに、観たい映画をメモっておきます。

-----オスカー絡み------------
* スラムドッグ・ミリオネア
* The Reader 愛を読むひと
* Milk ミルク
* Rachel Getting Married レイチェルの結婚
* Bolt ボルト
* おくりびと
* それでも恋するバルセロナ
-----邦画---------------------
* カメレオン (結局まだ観れてない)
* ハルフウェイ
* ホノカアボーイ
* ララピポ
* 大丈夫であるように Cocco 終らない旅
* ハンサム★スーツ
* フィッシュストーリー
* ドロップ
* クローズZEROⅡ
* 鴨川ホルモー
* 余命1ヶ月の花嫁
* 重力ピエロ
* MW ムウ
* サイドウェイズ(リメイク版)
-----洋画---------------------
* ホルテンさんのはじめての冒険
* レボリューショナリー・ロード
* チェ 28歳の革命・39歳別れの手紙
* ワールド・オブ・ライズ
* 英国王給仕人に乾杯!
* ダージリン急行
* マーリー (←予告編で泣いたw)
* ベッドタイム・ストーリー
* トワイライト
* バーン・アフター・リーディング
* ビバリーヒルズ・チワワ
* グラン・トリノ
* ラースと、その彼女
* 僕らのミライへ逆回転

まだ忘れているような気がするなぁ…
のんびり観ていきまーす。
[PR]
by ParrotfishY | 2009-03-09 20:53 | Diary
こんばんは。

あらあら、2009年明けたと思ったらもう1月半分終わりますね054.gif
すっげー年末年始、言うまでもなくゴクゴクとアルコール摂取しまして、
しばらくはどこ絞ってもおサケな感じでした068.gif
ようやくまともな酒量に戻ってきたとこです。

すっかり久しぶりのblogで、もう何から書いてよいやら・・・。

年末は友達と持ち寄り&鍋Partyやったり、
自宅にこもってじっくり料理したりと、
なんだか台所に立つ機会が多かったですな。
(普段さぼってるみたいですが)

これは大みそかのディナーです072.gif
年越し鴨そば&菜の花の和えもの&甘酢肉団子でございます。
d0149572_0444527.jpg

年明けてからは家族の集いでまたいろいろ料理したり、
ゲームしたり、お笑い観たり、付き合いで109バーゲン行ったり、
そうこうしているうちに仕事が始まったり、ラジバンダリ。←もう古いの!?

今年の映画第1弾は、ずっと決めていた作品があったのに、
しかしまだ観れておらずです。トホホ。

とりあえず今年の目標は以下のとおりです。
* 楽しむ
* 前に進む
* 感謝する
* 痩せるw

今のところ毎日実践できておりますよ058.gif

ではでは、遅ればせながら今年もよろしくです。
みなさんにとっても幸多き1年でありますように。
[PR]
by ParrotfishY | 2009-01-16 00:53 | Diary
こんばんは。
d0149572_21383156.jpg
12月28日、今年も行ってきました!
珍しく先行でいい席が当たり、
初の1Fスタンド056.gif
いやぁ楽しみにしてました。

グッズ販売の列に40分042.gifくらい並んで、
少々くたびれたものの、
席に着くと前座がダチョウ倶楽部
(ちなみに去年はダイノジ
生くるりんぱwを堪能し、
ふと斜め左の関係者席に目を向けると…
なんかかわいいオトコノコがいる。

・・・・・・WaTでした・・・。
かわいいわけです。

去年までサポートメンバーだった、
ギタリストのバーニーさんもすぐ前の席に
なんだぁ、今年は+αいっぱいだなぁ053.gif

さて、ライブは今年も本当に本当に
本当に、えーホントに最高でした。

できたての新曲も何曲か聞けたし、
去年リリースされた大好きなクリスマスソングも聞けたし、
黒い衣装もとってもお似合いだったし、
さらにギタリストはイエモンのエマさんだしだし、

吉井さんのMCはごくごく短めでしたけれども、
ものすごいスピードのオープンカーで
ぐわぁぁぁぁっとドライブしてるみたい
な、
すごい体験をまたしてもさせてもらいました。

そして、まさか聴けると思っていなかった、
イエモン時代のこの名曲

060.gif何もないあなたと
何もないわたし
燃えるほど愛し合って
結ばれてるのに
キリキリ胸が痛むのはなぜだろう
どこかに消えてしまいそう 今にも
060.gif

宇宙に連れてってもらったようで、
しばしボーゼンでございました。

でもって、何と言いましても、
今回はアンコールがすごかった。

以前から吉井さんに「劇似」と評判だった、
ポニョのお父さん、フジモト
d0149572_21264263.jpg
なるほど似とる!

なんと、こ、この格好で
吉井さん出てきましたよ!

そして「ポーニョポーニョポニョ060.gif
フルコーラス歌ってくれましたよ!

フジテレビ721での生放送をご覧の方も、
きっとお茶を噴き出してウケたことでしょう。
ぐっはー、おらもスカパー入っとけばよかった。
永久保存版ですわあれは。

結局この格好で6曲熱唱し、
今年も吉井さん忘年会ライブは070.gif狂喜乱舞070.gifの中、
幕を下ろしたのでした。

2009年はおいらも30代折り返しです。
吉井さんに分けてもらった元気で、
ちょっとはじけていきたいと思いまうぃっしゅ072.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2008-12-30 21:32 | Diary
こんばんは068.gif

すっかり映画はご無沙汰ですが、
久しぶりにライブなぞに行ってまいりました。

d0149572_301648.jpg

大好きなスキマスイッチの大橋卓弥くんの
ソロのライブですよ。
正直、ソロアルバムを聴いた時は、
ちょっと距離を感じてたのです。

スキマスイッチの曲は、私にとっては
水のように心の隙間にじわじわ染み込む感じの
曲が多かったのだけど、
大橋くんの曲はひと味もふた味も違い、
えらく男気溢れる人間臭い曲ばかりに思え、
聞くこちらもある程度の気合いが必要と言いましょうか。

だからライブもちょっと敷居が高くなっちゃったかな、
と、一抹の不安を抱えて行ったのです。

でもでも、そんなの余計な心配でした040.gif

060.gif新しい五線譜を眺めて 探し始めたメロディー
向き合うのは成果ではなく 胸に住み着いた弱虫
うまくいかなくって苦しくて 涙があふれだしたら
ほらひとつ前に進めたっていう証060.gif


仕事で息詰まりっぱなしだった今年前半、
何度この歌詞に励まされたことでありましょう。

そして、ソロになったら歌いたかったという、
ご両親に対しての感謝の曲、『ありがとう』
まさかラストに持ってくるとは。
とっても素敵な家族の思い出を、
ゆっくり、たくさん語ってくれたあと、
気持ちをいっぱいこめて歌ってくれました。

060.gif頼りなかった僕に 後悔だけはしないでと
優しい言葉 ぬくもり その笑顔
ずっと覚えてるよ そして忘れないよ
今 心からありがとう
060.gif

……こりゃ泣くよ~……057.gif

この曲を歌った後のアンコールでは、
大橋くんの歌いながらの笑顔がそれは素敵で、
私はもうその笑顔だけでさらに涙が出ちゃいました。

何度も思ったことあることだけど、
勇気を出して頑張った後の人の笑顔って、
無条件にカンドーするもんですね。
大橋くんがあのソロアルバムを、
どんな気持ちで作ったか、わかった気がした。

みんなサイコー!と言ってくれた大橋くん、
あなたがサイコー!
年末に素晴らしいライブをありがとう051.gif

さぁ28日は吉井くんだ!
この流れで盛り上がるぜーっ072.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2008-12-23 02:43 | Diary
こんにちは。

9/23から10/1まで、オーストラリア・ケアンズを
旅行してまいりました。

今日『めざましTV』をご覧になった皆さん、
高島彩ちゃんが訪れていた場所ですよ。

旅程が少しかぶっていたようで、
めざましの撮影隊とは、空港やらロープウェイ乗り場やら
森のなかやら、とどめにレストランでも遭遇しました。
彩ちゃん、可愛かったなぁ056.gif

ケアンズは日本から7時間という、
あっという間の距離に加え、時差もたった1時間なので、
初日からガンガン遊ぶぞ!!!とか思っていたのですが、
ケアンズ空港到着が朝の5時、
ホテルは14時までチェックインできず…って、

深夜バスで雪山きてるんじゃねんだぞ

と言いたい気持ちを抑え、
後半はビジターセンターで居眠りなんかもしつつ、
よろよろと灼熱のケアンズを徘徊したのでした040.gif

翌日からは、世界遺産である湿潤熱帯地域と、
グレート・バリア・リーフを堪能しました
オーストラリアの自然はやっぱり雄大でした。
いろんな動物さんとも触れ合ってきましたよ。
なぜか抱っこしたのはコアラじゃなくて、ワニだったが。
d0149572_11204132.jpgd0149572_11205959.jpg
d0149572_11214628.jpgd0149572_1122639.jpg

特に印象深かったのは、地元出身のガイド、シェーンさんの高原ツアー
火山活動によって形成された熱帯雨林、湖、湿地帯を周り、
そこでしか味わえないスコーン、チョコレート、チーズ、
ピーナッツやコーヒーなどを味わいました。
野生のワラビーちゃんと遊んだり(爪痕のお土産までもらったw)、
自分の背より大きい蟻塚を発見したり、とっても楽しかったです。

ツアーの最後には、小さなワイナリーを訪れ、
オーストラリアで採れる様々なフルーツのお酒を、
しこたま試飲させていただきました(ここでも飲むw)。
どんな食事にどんなお酒が合うかのお話なんかも聞いて、
チーズにビッタシ合う、パッションフルーツのワイン
お土産に購入しました。

ケアンズはグレート・バリア・リーフの玄関口なので、
ここから1~2時間の船旅で、バリエーション豊かな海の生物が待つ
エメラルドグリーンの海へ着くことができます。
我々は4日目にNormanby Island、7日目にOyster Reefを訪れ、
何百年もかけて少しずつ成長してきたサンゴを目の当たりにしました。

一番感動したのは、大きな海ガメさんと泳いだことですね
ふっと気づいたら目の前に! まさにニモの世界でしたぁ。
d0149572_1125024.jpgd0149572_11252433.jpg
d0149572_11255716.jpg





が……
いつかやると思っていたんだけど、
デジカメを水没させてしまい、
肝心なお魚写真が撮れませんでした。
ザンネン042.gif
今はそれでも携帯で写真が撮れるから、助かりました。

この旅で学んだことは、
あくまでも我々は自然の恵みによって生かされていること。
それから、どんな小さな出会いにも、
人の優しさが詰まっているんだなぁということ。
あらゆる食べ物にも景色にも、感謝の気持ちを思い出しました。

そしてそして、これから夏本番のオーストラリア。
旅立たれる皆さん、以下の点にご注意くださいませ。

d0149572_11293357.jpg① 日焼け対策 :
海の上では紫外線が日本の7倍だそうな。
オットはガイドさんや私の忠告を全く無視して海に挑み、
ついに医者の世話になる大やけどを負いました057.gif
真っ赤な足を見て心配し、冷たいお水をボトルいっぱい
分けてくれた動物園のおねいさん、どうもありがとう♪

② 酔い止め対策 :
とっても天気が変わりやすい土地なので、油断大敵。
波が少しでも出てくると、船はアトラクションばりに揺れます。
2時間『ひゃっほー』と乗り切るのはキビしいでしょう。

それにしても、今回もよく食べ、よく飲みました。
久しぶりに遊び倒したって感じ。
d0149572_11303213.jpgd0149572_11305338.jpg
次の日記は、オーストラリア映画館編です061.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2008-10-13 11:07 | Diary