映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

こんにちは。

いやー、『おくりびと』と『つみきのいえ』がOscar受賞024.gif
素晴らしいですね。
作品賞候補は『ベンジャミン・バトン』しか観れていなかったけど、
今後公開の作品もいろいろと楽しみになってきました。

それから何と言っても、ヒースくんの助演男優賞受賞051.gif
ワタクシも、天国まで届けてあげたいくらいうれしいです。
素晴らしい演技、素晴らしい作品でした。

話はがらりと変わり、
ちょっと前の話になりますが、バレンタイン・デーに
オットと母とミュージカルを観てきました。

以前、3人で歌舞伎を観劇したことがあったのですが、
非常にクラシックな演目だったせいか、
オットの歌舞伎デビューが失敗に終わりw、
なんとか楽しい企画はないものか・・・と
探した結果、劇団四季を体験してみることになりました。

-----あらすじ-----------------------------------
d0149572_17203587.jpg

『オズの魔法使い』の物語で有名なオズの国。
悪い魔女が死んだという知らせに、住民たちは喜んでいた。
そこへ、良い魔女のグリンダが現れ、自分と悪い魔女との
思い出を語り始める。

悪い魔女といわれるエルファバは、運命のいたずらで、
全身緑色、さらに不思議な魔法の力を持ち生まれてしまった。
足が不自由な妹のネッサローズの世話係を兼ねて
大学へ入学した彼女はグリンダと出会い、
誤解を受けながらも魔法の力を認められ、
オズの魔法使いへの面会を許される。
しかしここでもエルファバを待っていたのは、
新たな運命のいたずらだった・・・・。
-------------------------------------------------

いやぁさすがの劇団四季。
歌唱力もチームワークもほんっと素晴らしい。

ならばなぜ寝てしまうのだ私よ…。

実は本場ブロードウェイでも何回か寝ちゃったことがあるのです。
『アイーダ』、『オペラ座の怪人』、『ジキルとハイド』。
映画でも、『ハリー・ポッター(全作)』など、
名作と呼ばれる演目でことごとくダークサイドに落ちてしまうワタクシ。

040.gifすいませんすいませんすいません040.gif

敗因といたしましては、
夢見る心を失いつつある34歳であるため、魔法使い系の作品にものすごく弱いこと、
女子の登場人物がメインでイケメンが出ていなかったこと、
メロディラインが非常にミュージカル的で(私にとっては)メリハリにかけたこと
などがあげられるかと思います。

いやいや、しかしですね、
よく考えられた面白い物語でしたよ。
誰でも知っている『オズの魔法使い』に、こんな舞台裏を
よく考えだしたなぁと感心しきりでした。
細かくは言えませんが、登場人物もちゃんと原作とつながっているし、
それぞれが原作とは全然違う魅力を持っていて、
スピンオフ(と言っていいのかな)としては最高でした。

その証拠に、今回オットは湯気を出して楽しんでくれていました。
CD買っちゃう始末。

演者さんたちがまた、キャラクターにぴったり★
特にグリンダ役の沼尾さん、オットが惚れてまいました。
劇団四季の作品にとっても興味がわいたみたいです。
(今度は宝塚とかにも行きたいらしい)

それから、舞台セットがテンポよく変わり、
色彩もデザインも本当に素晴らしかったです。
生の舞台はやっぱりいいなぁ~と実感しちゃいました。

思えば、劇団四季の『キャッツ』を小学生の時に観たときは、
舞台を作り上げるという仕事に憧れまくり、
絶対に大道具さんになろう!と思ったっけ。
どこで間違ったかなぁ063.gif

次回の観劇予定は3月、TEAM NACSさんのお芝居です!
なぜか大阪まで行っちゃいますよ!
[PR]
by ParrotfishY | 2009-02-23 17:50 | Play
こんばんは。

ポコン姉さんと久しぶりのレイトショー。
姉さん、ここんとこちょっとお疲れ気味だったので、
元気が出そうなこの作品にしてみました。

劇団四季のミュージカルでは、うちのおかんが、
立ち上がって踊っていたこの作品。
映画はどんだけノリノリなのでしょうか???

-----あらすじ-----------------------------------
Sophie: I don't care if you've slept with hundreds of men.
You're my mom!
Donna: I haven't slept with HUNDREDS of men...!
ソフィー: 100人の男と寝てたって気にしないわ。
ママは私のママだもの!
ドナ: さすがに100人とは寝てないわよ・・・!


d0149572_1315359.jpg
ギリシャの小さな島で暮らす、ドナ(Meryl Streep)と
ソフィー(Amanda Seyfried)。
20歳の若さで結婚することになったソフィーはある時、
ドナの昔の日記を手に入れる。
そこには、自分の父親かもしれない3人の男性の名前が。
「ヴァージン・ロードをパパにエスコートしてほしい」という
夢をかなえるべく、ソフィーは3人を結婚式に招待する。
-----------------------------------------------

メリル・ストリープさん・・・・・・。
元気ですなぁ~!!

ミュージカルでは、ソフィーとドナの2人が主役という印象でしたが、
この映画は、
メリルのメリルによるノンストップシニアパワームービー
という感じでござました。

40代以下のカップルにはお勧めしないかも。
この中年女性パワーに彼が引くと思うw
(うちのオットは間違いなくNGだね、
元気を吸い取られてしまうでしょう057.gif

物語が最後まで引っ張る展開なので、
飽きることはなかったけれど、
なんだか時々、マニアックなイメージビデオを観ているような
錯覚を覚えたことは否めません。
演出がいまひとつだったのかなぁ~。

とはいえ、
全編に渡ってこれでもか!ってくらい使われている
ABBAの楽曲の素晴らしさが、
ギリシャの海と太陽の美しさとブレンドされ、
もう途中から座って観ているのが悔しいほど、
踊りたくて歌いたくてウズウズしてました070.gif

海外のレビューを読みましたら、
映画館がまるでライブ会場のように、
観客が拍手したり笑ったりして盛り上がってるみたいです。
(日本もこのくらいノリノリで映画観れると楽しいね)
2009年を元気にしてくれる映画の一つであることは、
間違いないでしょう049.gif

あと、父親候補の3人の男性がいい味だしてました。
3人ともそれぞれ中年色ムンムンなのですが、
元007役のピアース・ブロスナン!
歌声も容姿も素晴らしく暑苦しい!!!
メリルの相手役としてまったく引けを取りません。
いい役者さんは引き出しいっぱい持ってんだなぁ。

夏にテキーラとか飲みながら、
女子だけで集まってもう1回観直したいですわ068.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2009-02-11 01:50 | Movie-Love Story
こんばんは072.gif

まだ2月ですが、英語教室ではもう
春からの進級についてのお話を進めなければ
ならない時期に来ています。

一方、旦那さんの実家に春から帰省する友も
いたりして、
別れと出会いの季節だなぁ…と
つくづく実感しております。

さて本日はアカデミー賞の呼び声も高い、
3時間の超大作を観てきましたよ。

-----あらすじ-----------------------------------

I wanna remember us just as we are now.
今の僕らの姿を、覚えておきたいんだ


第一次世界大戦直後のアメリカ南部で、
瀕死の老人の体を持って生まれた赤ん坊がいた。
誕生とともに母を亡くし、父にも捨てられた彼は、
老人介護の施設で働く黒人女性に保護され、
ベンジャミンと名づけられる。
d0149572_1461815.jpg

老人たちに囲まれて過ごしながら、
年を重ねるにつれ若返っていく自分の肉体に、
戸惑いを感じながらも、
ベンジャミン(Brad Pitt)は自分の人生を歩んでいく。
そんな彼にも、運命の女性との出会いが待っていた。
------------------------------------------------

ワタクシの卒論のテーマであった、
Francis Scott Key Fitzgeraldの原作でございます。
とはいえこの作品を読んだことはなかったので、
予備知識はほとんどなく、鑑賞しました。

うーーーーん、
美しい映画であった。

フィッツジェラルドの作品は、
すぐ枯れちゃう花みたいな美しさが漂うものが多く、
ともすればとても軽薄で寂しいのですが、
この映画がとっても暖かく感じたのは、
「人間はけっきょく独りだ」ということと同時に、
「それでも、信じるに値する絆はある」
訴えてくれているからじゃないかなと思いました。

ベンジャミンはものすごく普通じゃない人なんですが、
歩んでいる人生は実はとてもシンプルで、
家族にも仕事にも愛情を捧げます。

お話が進むうち、彼の周りの人々の方が、
かえってそれぞれ独特で、
何が普通かなんて、すごく表面的なものでしか
ないような気がしてきます。

まだ幼い(というかじいさんの)ベンジャミンが、
「僕はあと、どれくらい生きられるの?」
と養母に聞いた時、
「今、生きていることに感謝しなさい」
と答えたのが、とても印象的でした。

どんな状況にいようと、それができる人には、
素晴らしい未来が待っているんだよなぁ。

『フォレスト・ガンプ』をなんとなく彷彿とさせる、
じわじわと勇気が湧いてくるような作品でした。

まー先ほども「美しい映画」と書きましたが、
主演のBrad PittCate Blanchett
エリザベス役のTilda Swintonには
本当に見とれっぱなしでした。

Brad Pittさんに関しては、
15年来のファンでごじゃりますが、
「なんか、ズルい021.gifと思うほど、
ステキでしたよ。
ベンジャミンをあんなにステキに、
そしてあんなに切なく演じられる人は、
他にいないんじゃないかな。

個人的には、最近のBradさんは
公私ともにステキすぎてもの足りないがwww

22日のアカデミー賞、楽しみです069.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2009-02-09 01:41 | Movie-Other