映画と日々の徒然


by parrotfishY
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2009年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

7月映画日記

こんばんは。

先日の記事で、7月のイベントは打ち止めかしら、
と思っていましたが、
とっても楽しいことが、ここにきてひとつありました。

中学校時代の同級生くんが、ワタクシの地元の駅前に、
パスタ屋さんをオープンさせたのです051.gif

幼馴染の友に連れて行ってもらったそのお店は、
小さいながら、アットホームで素敵な空間でした。
彼とは卒業以来会っていなかったけど、
自分がいいと思ったものにこだわりを持ち、
それを本当に自然なかたちで人に伝え、
輪を広げていけるようなところ、
全然変わってなくて、いやぁ、かなり癒されたなぁ。

さらに、近くで働いている、
これまた小・中学校時代の同級生くんも呼び、
彼がかわいい同僚の女の子を連れてきたりして、
いろんな話に花が咲きました。

たまにこういうことがあるから、
やっぱす横浜は離れがたいね~~056.gif

で、本題。
[PR]
by ParrotfishY | 2009-07-27 00:00 | Movie-Other
こんばんは。

もう7月も終盤ですね。
最近の出来事をあげますと、

◆ 埼玉にて夜12時スタートの飲み会に参加(朝5時過ぎ終了)。
  翌日は昼からBBQ。
  かなり楽しかったけれど、帰りの電車で昇天w

◆ 吉井和哉さんのLIVE。もう何回目でしょう。
  最新アルバムはぶっ飛びすぎてて、ついて行けるかな…、と
  ちょっと不安でしたが、
  あんなに楽しそうに、自信たっぷりに歌う吉井さんを初めてみました。
  ものすごいセクシーでした。
  おかげでこの日は吉井さんにKISSしてもらう夢をみたのでしたww

◆ 義妹が出産間近なので、実家にて会食。
  家族全員参加による『モノポリー』を開催、
  義父とえげつなく土地を取りあいましたwww

あとは、研修やら、休日出勤やらで、仕事色が濃かった月ですね。

給料上げろー031.gif

さて、久々にポコン姉さんとレイトショーへも行きました。
あたしゃ全然予備知識がなかったけれども、
なかなかどうして、おもしろかったのでご紹介です。

-----あらすじ-----------------------------------
d0149572_22133131.jpg

ロサンゼルスに住む高校生、サム(Shia RaBeouf)は、
購入したばかりの自分専用の中古車が、
真夜中に勝手に動き出すのを目撃する。
盗難だと思いこみ、後を追ったサムが目にしたのは、
その車がロボットに変形し、生きているように動くところだった。

実は、この車は「機械惑星サイバトロン」出身の金属生命体であり、
地球上に潜む、悪の金属生命体『ディセプティコン』から、
地球と宇宙を守るために現れた『オートボット』と呼ばれる一派だったのだ。
-------------------------------------------------

「なんのこっちゃ!?」

と思ったアナタ、まぁまぁお立会い。

我々の幼少期に大流行りし、超合金のおもちゃが出回った、
ロボット大戦ものです。
男子はさぞ好きでしょうなぁ!

物語はお約束な感じなので、
先が読めてハラハラドキドキなんてしなかろう、
と思いきや、
これが、ものすごい迫力映像の連続で、
ついつい手に汗握ってしまう感じなんです。

そして、ロボットたちの個性がとっても楽しい!
正義のために戦ってるわりに、空気が読めないとこ、
そして当然、街は大損害を被るとこなど、
なんだか体育会系な雰囲気でいいぞ!

何の予備知識もなく、ポコン姉さんと観たのは
続編である『リベンジ』の方でしたが、
後日、前作をレンタルしてしまいました。

主演のシャイアくんも(超なで肩だけど)かっこいいし、
暑い中、こ難しいことを考えず、
スカーっとしたい時にいいですよ072.gif
[PR]
by ParrotfishY | 2009-07-22 23:39 | Movie-SF/Fantasy

【番外編】 35th Birthday

こんばんは。

スポンサーから、記事を上げろとクレームが入ったので、
マイケルの追悼ムードも冷めやらぬ中、
今更ですが、誕生日の話を上げさせていただきます067.gif

オットが
『ランチを予約いたしました』
と、ずいぶん前から自慢げに言ってくるため、
さぞやリサーチしたのだろうと思ってはいました。

そのお店とは、こちらでござーます。
restaurant Quintessens

白金台の駅から歩くこと10分ほど、
ここがレストランですか?
というような隠れ家的なドアを開けますと、
なんとも重厚な雰囲気の店内が!

そして10組ほどしか収容できないであろう店内には、
ごっそりと黒服のウェイターさんが待機し、
これまた重厚感を増しております。

さすがにこの日はいつものGパンこそ避けたものの、
場違い感が否めない我々。
隣の席には、いかにも「金持ちミドルエイジ」といった4人組。
着物のマダムまでおられます。

テーブルに着くとメニューを渡されました。

なんも書いてない057.gif

その日に一番おいしい食材を厳選した
「シェフのおすすめコース」のみなので、
ご了承ください、ということらしいのだす。

否が応にも高まる緊張感!
さらにオットはいつにも増して無口!
どうやら前日のレッドホットチキン(ケンタッキー)が響き、
おナカが痛くなってきた様子!

どうなる!?

とまぁ、なかなかドギマギの展開でしたが、
コースのお料理はどれもとーってもおいしかったです。

特に、3時間かけてじわじわ焼いたという、
岡山産の豚肉は、本当に美味しかったです。
付け合わせの銀杏とシイタケの素揚げが
豚のサラサラの油と調和して、いくらでも食べられそうでした。

さすが、ミシュランの三つ星レストラン。
生きてるうちに、もう一度、行きたいなぁ・・・。
今度はもっとお洒落していこうw

その後は美術館にいく予定でしたが、
緊張による疲労がたたり、
まっすぐ帰宅してしまいました。 

ちなみに、プレゼントはこちらでしたとさ。
d0149572_002452.jpg

[PR]
by ParrotfishY | 2009-07-11 00:13 | Diary